Adobe Capture CC

身の周り全てが素材! おすすめデザインアプリ
Adobe Illustrator Draw,Adobe Photoshop Sketchを紹介しましたが,今回もAdobeが提供しているAdobe Capture CCを紹介します! ひとつのアプリの中に素材作りに適した機能がいくつも入っています. 既にAdobe Creative Cloudなどに加入していればこのAdobe Capture CCを使うことでデザインの幅を更に拡げることができるはずです.

おすすめアプリAdobe Capture CC を紹介していきます!

前回はAdobe Capture CC ブラシ編 としてAdobe Photoshop Sketchなどに用いる事の出来るブラシを作成しました.

Adobe Capture CCはデザインする際の素材を作成するアプリになります.

素材に使えるものは身の周りのものすべて!

カメラで写したものをブラシやパターン,シェイプに変換できます.

変換した素材は他のAdobe製品と互換性があり,作成したパターンなどを使用することができます.

Adobe Capture CCの機能は多いので,今回はパターン編を書いていきます.

Adobe Capture CCでのパターンの作り方,使い方を説明していきます!

まず,Adobe Capture CCの公式ページからブラシの説明文の引用です.

パターン
モバイルがデジタル万華鏡に。Captureのプリセットを使えば、リアルタイムに幾何学パターンを作成できます。Photoshopで加工して、デザインの塗りつぶしパターンとして使用することも可能です。
Adobe Capture CC ホームページ

Photoshopの他,Illustratorにも用いることが出来る様です .

パターンの場合,連携出来るのはパソコン用のPhotoshop,Illustratorになります.

スマートフォンで作業するのはパターンの作成まで になります.

パターンの作成

実際にパターンを作成していきたいと思います.

Adobe Capture CC を起動したらメニュー部分のパターンを選択します.

パターンを選択したら写真を追加します.

下部に表示されているボタンで,自分の既にある写真の中から選ぶか,カメラを起動するか選択できます.

今回はiPhone内にある写真を用いるので,カメラロール を選択しました.

前回ブラシ編で作成した5本の線を書いた画像をパターンにしていきます.

image01 2
image02 4
image10

写真がロードされると,次にカラーやパターンのスタイルを決めていきます.

どの様にスタイルが変わっていくかは下の画像を見ると参考になると思います.

左側のパレットのアイコンから,カラー/グレースケール/白黒 を選択します.

真ん中のアイコンからビットマップパターン/ベクターパターン を選択します.

ベクターパターンの場合は,下のスライダーで2-32色を変えることが可能です.2色にするとツートンカラーになります.

ここでビットマップパターンを選択した場合,出力ファイルはPNG,

ベクターファイルを選択した場合,出力ファイルはSVGとなります.

右側のアイコンで繰り返しのパターンを設定します.

パターンを決めたら✔︎マークをタップして次に進みます.

IMB 2djH5X
IMB 54XnKd
IMB 2MTPNc

後は画像を回転/拡大してパターンを調整していきます.

回転は画面下に表示されているルーラーをなぞることで -90°~90°まで調整ができます.

拡大は2本指でピンチアウトすることでできます.

画像の種類にもよりますが,今回の様な余白の多い画像の場合拡大すると大味なパターンが出来上がります.

元の大きさより縮小はできない様で,ピンチインしても弾かれてしまいました.

IMB g3pKNg

これでAdobe Capture CCにおけるパターン作成は終了です!

今回は下にある画像の様なパターンを作成してみました.

簡単なステップだけでパターンが作成できます.

特にパソコン用のPhotoshopやIllustratorを持っていない方でも,

作成したパターンをカメラロールに保存する事が出来るので,壁紙に設定したりできます.

元の画像からは想像できない様なパターンが色々と作れるので楽しいと思います.

image pattern

Photoshopでパターンを使ってみる

作成したパターンを実際にPhotoshopで使用してみます.

今回はAdobe Illustrator Draw編で作成したイラストにパターンを当てはめます.

Photoshopの右側上部にライブラリ/調整のタブがあるので,ライブラリの方を選択します.

Capture CCとPhotoshopが同じCreative Cloudのアカウントでログインしていれば,

何もしなくてもCapture CCで作成したパターンがライブラリに追加されています.便利!

今回は背景の色にパターンを当てていこうと思うので,

背景の色の範囲が選択された状態でパターンをクリックすれば,選択の範囲に作成したパターンが適用されます.

後は適宜パターンのスケールを調整するだけです.

あのイラストがこの様になりました!

ご覧ください!

sample image

なんだか急にアジアンチック..!

ガラッと雰囲気が変わります.

他のパターンを使って色々試したくなってくるところです.

今回はCapture CCでパターンを作成してPhotoshopで実際に使ってみました.

Capture CCとPhotoshopの連携が簡単に出来てしまうので作業の効率はかなり良いと思います.

いちいちメールなどでデータを送る必要がないのが便利です.

Adobe アプリを紹介している記事は他にもあるので気になったら読んでみてください.

Adobe Illustrator Draw編

Adobe Photoshop Sketch編

まだまだAdobe Capture CCには機能があるので追って書いていこうと思います.

では,以上です!