ADOBE ILLUSTRATOR

【2020年版】Illustratorでできること。10のデザイン事例とおすすめ機能を紹介。

INTRODUCTION

Adobeの代表的なアプリの一つIllustrator(イラストレーター)について、これから始めたい方や初心者の方に向けてどのようなことができるのか説明していきたいと思います。

Illustrator

Illustratorとは

AdobeのIllustrator(イラストレーター)はグラフィックデザインをする上では欠かせないソフトで、通称イラレと呼ばれています。

Adobe Illustratorの一文字目を取ってAiと略称で表記されることも結構あります。

Illustratorの詳細とインストールは以下から

https://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

シンプルな「線」と「塗り」の組み合わせで構成されたテイストのデザインの作成が得意です。

Illustratorの作品事例

イラストを書く事はもちろんですが、他にも様々なデザインツールとして使えるのがIllustratorの強いところです。

iPad版Illustratorも登場

2020年10月20日にIllustratorがタブレット(iPad)でもリリースされました。

iPad版で既にリリースされているPhotoshopやFrescoも合わせて使えばタブレットでもかなりデザイン制作が捗ります。

iPad版 Illustratorの詳細とインストールは以下から

https://www.adobe.com/products/illustrator/ipad.html

デスクトップ版のIllustrator単体プラン、もしくはコンプリートプランなどに登録していればiPad版も利用可能になります。

Illustratorの価格とプラン

Illustratorはサブスクリプションサービスで、月間もしくは年間契約で利用できます。単体プランもしくはコンプリートプランを利用する事で使えます。

Illustratorの料金プラン

Z

Illustratorは7日間無料体験あり

単体プランでもコンプリートプランでも7日間無料で全ての機能を試して使えます。体験期間中であれば解約しても料金は発生しません。

Illustratorを使えるもう一つのプランはPhotoshopやPremiere Proなど全てのAdobeソフトを使えるコンプリートプランです。

BASIC SKILLS

Illustratorの基本機能

Illustratorを使うにあたって、どんな魅力的な機能があるのかを紹介していきます。基本的にすぐに習得できるものばかりです。

■ ペンツール

■ シェイプ & テキスト

■ ブレンド

■ クリッピングマスク

■ グラデーション

1. 全ての基本 ペンツール

 ペンツール

Adobeのほとんどのアプリに共通したマストなツールで、基本中の基本とも言えるのがペンツールです。

使い方のコツを掴むのに多少時間がかかりますが強力なツールです。

自由にペンツールで描けるようになるとハート形など自由に形状を作ったり、画像をトレースしてイラストを作成したりできるようになります線の幅を自由に変えたりもできます。

2. 組み合わせて更に魅力的に シェイプ&テキストツール

テキストとシェイプの組み合わせ

文字を入力できるのはもちろんですが、Illustratorでは図形と組み合わせて面白い表現を作ることができます。円や波線など、好きなシェイプに沿ってテキストを入力することができます。

また、シェイプに合わせて文字を変形することなどもできます。図形と文字さえあればワンクリックで簡単にできるのがIllustratorです。

3. 配列を簡単に ブレンドツール

ブレンドモード(ステップ数指定)

2つのシェイプを補間した形状を作ってくれるブレンド機能があります。

ステップ数なども指定できるので複数コピーで配列を作ったり、パターンの作成をする場合などに役立ちます。

ブレンドモード(スムースカラー)

文字にブレンドを適用してステップ数を上げれば3Dのような立体感のあるテキストを作成することも可能です。

4. 好きな形にくり抜く クリッピングマスク

ハートでクリッピングマスク

デザインの要素が増えるほど使う機会が多くなるのが切り抜くことのできるクリッピングマスクの機能です。

画像やシェイプのグループの一部だけを見せることができます。

切り抜いた部分以外は消去されるのではなく、マスクによって非表示になっているだけなので修正も簡単にできるのが嬉しいところです

5. 最近かなり進化した グラデーション

3つのグラデーションタイプ

ここ最近のアップデートでかなり使い勝手が上がったのがグラデーションツールです。

グラデーションによって光の当たる表現やメタリック感のある素材感などを出すことができます。

フリーフォームグラデーションで自由な位置に複数の色を配置できるようになったので、表現できる幅がかなり上がりました。

ロゴやイラストを作っていくうえで、紹介したこれらの機能は結構よく使います。簡単なので、すぐに覚えて使えるようになるはずです。

VECTOR DESIGN

Illustratorでできること 6つ

次に、Illustratorを使って作れるデザイン事例を6つ紹介します。

ベクターデータであるという強みを活かせるものが多いです。

1. ロゴ・アイコンデザイン

Premiere Proの編集画面

基本的にロゴ·アイコンはベクターデータで作られることが求められるのでIllustratorは必須と言えます。

看板に大きく印刷したり・Webサイト上に載せたり、ロゴは特に使用サイズの幅が大きいため、拡大縮小しても画質が劣化しないベクターデータが適しています

2. インフォグラフィックデザイン

インフォグラフィック

グラフや割合などを視覚的に表現するインフォグラフィックデザインもIllustratorを使うのがオススメです。

長さを指定して線や図形をつくれるので、数値を持ったデータを比較するグラフィックを作成するのにも向いています。

3. タイポグラフィデザイン

タイポグラフィ

フォントを更にカスタマイズしてオリジナルのものを作成するにはIllustratorが最適です。

文字を線と塗りに図形にする「アウトライン化」の機能によって、簡単に自分の好きなスタイルを作成することができます。

4. DTPデザイン

ポスターや名刺デザイン

DTP(Desktop Publishing)デザインは名刺やポスターデザインなど、実際に印刷するものへのデザインのことで、Illustratorを使うことが多いです。

キャンパスサイズを自分で設定すれば、基本的にどんなサイズの印刷物でも作成できます。

T-シャツなどのデザインを制作する際もIllustratorが使用されます。

複数枚のデザインにはこちらがオススメ!

冊子·雑誌·パンフレットなど複数枚にわたり統一性のあるデザインを作成したい場合は、同じくAdobeソフトでも、Indesignの方が向いています。

プレゼン資料や論文の作成なども行えるので、AdobeのWord的な位置付けともいえます。Illustratorなどとの互換性もあるので便利です。

5. ウェブ UI/UXデザイン

ズームイントランジション

WebデザインやUI・UXデザインの制作にはアイコンや画像を組み合わせたりして制作することから、Photoshopなどと組み合わせて使うことが多いです。

Webデザインに特化したAdobe XD

Adobe XDの詳細と無料インストールは以下から

https://www.adobe.com/jp/products/xd.html

最近はWeb UI/UXデザインに特化したAdobe XDを併せて使う機会も多くなっています。

動作の軽さや、レスポンシブにサイズを変更したり、同じコンテンツを繰り返し表示するリピートグリッドなど特化した機能があるのが魅力です。

Illustratorでさまざまなデザインが作れることがわかると思います。また、いくつか紹介しましたが、他のAdobeソフトと組み合わせたりして使う機会が多かったりします。

PLAN

他のアプリも使いたいなら

Illustratorを使うAdobeユーザーが併せてよく使うアプリはこちら。

画像の編集に関してはPhotoshop。動画編集する方はPremiere Proで編集してイラレでサムネイル作成などしたりしています。

Webデザイン関係の方はAdobe XDなど、業界によって組み合わせるソフトは色々変わります。

Illustrator単体プラン

Illustratorのソフトのみ利用できる単体プランです。月々プランと年間プランなど自分にあったスタイルでプランを決められます。

▶︎Illustrator 単体プラン (¥2,460/月)

使えるアプリ : Illustrator

>>プランと料金を確認する(Adobe公式サイト)

Illustrator以外は全く利用しない予定の方はこのプランで十分だと思います

コンプリートプラン

Illustratorを含めて、3つ以上のアプリを使う予定がある方はコンプリートプランを利用するのがおすすめです。Adobeアプリが全部利用できる超お得なプランです。

このプランを使っていますが、コスパが良くてかなりオススメです。

グラフィックデザインから動画編集まで何でもできます。

Adobeのコンプリートプランはお得?安く利用する方法も紹介。

コンプリートプランを利用するか悩んでいる・検討している方は読んでみてください。

Adobe Stockで素材を入手する

Adobe Stockは画像など、ロイヤリティフリーの素材が1億5000点以上ある巨大なストックサイトです。

商用でも使えるイラレのベクターデータが多数ストックにあり、どのようにデザイン作成されているのか見れるので勉強になります。

Adobe Stock 公式サイト

https://stock.adobe.com/jp/

商用利用も可能な高品質な素材が手に入るので、個人的にもよく利用しています。Adobeアプリとの相性が良いです。

More of DESIGN

デザイン関連記事

デザイン関連の記事をピックアップして紹介します。 併せて読んでみてください。

【2020年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

【動画編集】Premiere ProとAfter Effectsの違い。初心者が知っておきたい6つの特徴について解説。

動画編集で使うPremiere ProとAfter Effectsの違いについて説明しています。

【2020年版】Premiere「Rush」と「Pro」の動画編集 8つの違いを比較解説。

Adobeの動画編集アプリPremiere RushとProの違いについて説明しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する5つのメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2020年版】Adobeのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料・有料8選】おすすめフリー素材・画像イラストストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

【特典】Adobeのプランを2ヶ月無料で利用する方法

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

【商用利用可】おすすめフリー素材・画像サイト

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Adobe Photoshopでできる10のこと

Photoshopでできるデザインや機能について解説しています。

【UI/UX】Adobe XDでできる6のこと

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

【3D】Adobe Dimensionでできる9のこと

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。