Back to Home

Adobe Creative Cloud

Stock Photo/Footage/Music

PREMIERE RUSH

Premiere Rushの有料プランでできるようになる機能まとめ。

INTRODUCTION

基本的に無料で利用できるAdobeの動画編集アプリPremiere Rushですが、有料版にアップグレードするとどのようなことができるようになるのかを本記事ではまとめています。

有料版Rushの機能

有料版にアップグレードすることで使えるようになる機能を以下にまとめました。

5つのプレミアム機能

1. デバイス間データ共有機能

2. オートリフレーム機能

3. オーディオ関連機能(ノイズ除去など)

4. 無料サウンドトラック・SEの解放

5. 無料字幕・モーショングラフィックスの解放

Rushの機能の中でも、デバイス間のデータ共有と無料のモーショングラフィックスは個人的に特におすすめする機能です。

1. デバイス間データ共有機能

クラウド上に保存されたデータをスマホ・タブレット・デスクトップ、どのデバイスからでもデータを共有して編集作業ができるようになります。

これはかなり便利です。

クラウドでデータ共有 出典: Adobe

どれも同じ機能なので、「デスクトップじゃないとあの機能が使えない」みたいなことが起こりません。

このクラウドによる共有機能はPremiere Proよりも使い勝手が良い点で、Rushの強みでもあるので使えた方が断然良いです。

2. オートリフレーム機能

2020年8月末に追加された新機能です。

横フレームで撮影した映像を縦フレームに変更したとき、見せたい被写体が入るようにフレームを自動調整してくれる機能です。

手動でもフレーム位置を変えられるので、フレームから被写体がはみ出さないようにできるのはかなり大きいです。

3. オーディオ機能

動画内の音声に入っているノイズを除去したり、反響音を抑える機能が使えるようになります。

地味ですが、動画において音は重要な要素なので使えると便利な機能でもあります。

4. 無料サウンドトラック・SEの解放

無料版では使える種類がかなり限られていたBGM用の音楽やSE(サウンドエフェクト)が数百種類のラインナップ全てを使えるようになります。

結構クオリティ高いです。

視聴自体は無料版でもできるので試しに聞いてみても良いと思います。

5. 無料字幕・グラフィックスの解放

有料版の場合、モーショングラフィックスや字幕のテンプレートが自由に利用できるようになります。

テンプレートなので色や文章、グラフィックの長さなどは自分の好きにカスタマイズできるのが非常に便利です。

上の映像もRushで用意されているグラフィックテンプレートだけで作成してみました。

結構カッコよくないですか?

めっちゃ簡単に動画のクオリティを数段あげることができます。

機能面以外での有料版Rush

機能面以外にも有料版にアップグレードすることで使い勝手がよくなるものがあります。

ストレージ量の増加

有料版にすることで、クラウド(Creative Cloud)に保存しておけるデータ容量が大幅に増えます。

無料版 : 2GB

有料版 : 100GB

動画の場合データサイズが大きくなりがちですが100GBのストレージがあればだいぶ安心です。

デスクトップ版のデータ書き出し

デスクトップ版の場合、無料版ではデータ書き出しが3回までに制限されていますが、有料版にすることで無制限の書き出しができるようになります。

無料版 : 3回までデータ書き出し可能

有料版 : 無制限データ書き出し可能

モバイル版の場合は無料版でも無制限にデータ書き出しができます。

Premiere Rushのプラン

Premiere Rush有料版を利用する方にどのプランを利用すれば良いのかを説明していきます。

Premiere Rush単体プラン

Premiere Rushが使える一番安いプランです。

デスクトップ・スマホ・モバイルどのデバイスでも機能制限なくRushを使うことができるベーシックなプランです。

Premiere Rush単体プラン ¥980/mon

Premiere Pro単体プラン

Premiere Proの単体プランを利用した場合でも、Premiere Rushを使うことができるようになります。

Rushから始めてProも使えるようになりたい方などにおすすめです。

Premiere Pro単体プラン ¥2,480/mon

Premiere Proの単体プランを利用した場合でも、Premiere Rushを使うことができるようになります。

Rushから始めてProも使えるようになりたい方などにおすすめです。

Creative Cloudのプラン一覧と登録は以下からできます。

Adobe Creative Cloudのプラン一覧と登録は以下から

https://www.adobe.com/jp/creativecloud/plans.html

MATOME

まとめ

自身はPremiere ProもRushもどちらも使います。

もともとProを使っていてRushは全然触っていなかったんですが、一度触ってみると思った以上に便利でかなり重宝しています。

Premiere Rushが気に入ったらぜひアップグレードしてみてください。

Premiere Rushの詳細と無料インストールは以下から

https://www.adobe.com/products/premiere-rush.html

【動画編集】Premiere Rushでできること8つを紹介

Adobeの動画編集アプリでも初心者にかなりおすすめのRushを使ってできることを紹介しています。

TAMASDESIGN

ブログページトップに戻る

More of DESIGN

デザイン関連記事

デザイン関連の記事をピックアップして紹介します。 併せて読んでみてください。

【2021年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する4のメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2021年版】Adobe CCのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料有料8選】おすすめ素材・画像ストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

【特典】Adobeのプランを2ヶ月無料で利用する方法

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

【商用利用可】おすすめフリー素材・画像サイト

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Adobe Photoshopでできる10のこと

Photoshopでできるデザインや機能について解説しています。

【UI/UX】Adobe XDでできる6のこと

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

【3D】Adobe Dimensionでできる9のこと

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。