Back to Home

Adobe Creative Cloud

Stock Photo/Footage/Music

BEST VIDEO EDITING SOFTWARE

【2021年版】動画・映像編集初心者におすすめ人気入門ソフト6選を紹介

INTRODUCTION

これから動画の編集を始めてみたい方の「どのソフトがおすすめ? 」という疑問を解消していきます。

有料・無料の動画・映像編集ソフト6選を紹介していきます。

有料と無料どっちがおすすめ?

圧倒的に有料がおすすめ

結論から言うと、有料の動画編集ソフトを使うのが圧倒的におすすめです。

最初は複雑に見えますがすぐに慣れます。

できることは徐々に増えていき、スキルもより身に付きます。

動画で収益化したい人や、動画編集の作業を仕事にしたい人などはクオリティに差を出せるので有料のソフトを使うことを特におすすめします。

おすすめの有料ソフト

特におすすめなのは

プロやYoutuberがよく利用している動画編集ソフト

この2つのソフトがほとんどのシェアを占めており、その中でも特にPremiere Proが一番利用者が多いです。なので、初心者用の学習素材も豊富にあります。

モーショングラフィックスなどと組み合わせて更に高度な動画を作れるようになりたい方も、他のAdobeソフトと連携できるPremiere Proがおすすめです。

おすすめの無料ソフト

これから初めて動画編集するという方や、ちょっと触ってみたいだけという方にはスマホやパソコンなど、どのデバイスでも使えて無料のPremiere Rushをおすすめします。

無料で使える動画編集ソフト

個人的にはPremiere Proをメインで使っていますが、Premiere Rushもかなり使い勝手が良くて併せてよく使っています。

おすすめの動画編集ソフトをそれぞれ紹介していきます。

今回紹介するのはこちらの6種類の動画編集ソフトです。

Adobe Premiere Pro : 動画編集ソフトシェアNo.1で高機能

Adobe Premiere Rush : サクサクの動作 デバイスを選ばず動画編集

Final Cut Pro X : Appleの動画編集ソフト シンプルでわかりやすいUI

DaVinchi Resolve : 無料でもかなりの充実した機能が利用可能

Filmora 9 : 低コストの買切りソフトで手軽に編集

Hitfilm Express : 無料で使えるVFXが得意な特徴的なソフト

それぞれ個別に説明していきます。

Premiere PRO

1. Premiere Pro (プレミア プロ)

今回紹介するなかで一番おすすめの動画編集ソフトです。

Youtuberから動画クリエイターまで幅広い映像のプロ達が使うソフトです。

Premiere Proを利用する場合、次に紹介するスマホやタブレットでも使える動画編集アプリPremiere Rushも使えるので、どのデバイスでもカット編集などができるようになります(後述)。

Z

おすすめポイント : チュートリアルが豊富

Premiere ProのチュートリアルはYoutubeや書籍など豊富に見つかるので、独学でもかなりのレベルまで使えるようになります。Adobe公式チュートリアルもかなり参考になります。詳しくはこちらから確認できます

Premiere Proと同じAdobeから出ているPremiere Elementsという買い切りの動画編集ソフトもありますが、別物です。

色々できるのが魅力

細かいところまで調整できるのがPremiere Proのおすすめポイントでもあります。

足の動きに合わせて文字を表示させるテクニック

オリジナルのズームイントランジション

Adobe Premiere Pro 基本情報

Adobe Premiere Pro

¥2,460 (税別)  /月 (7日間無料体験あり)

対応OS : Mac / Win

公式サイト : https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

PREMIERE RUSH

2. Premiere Rush (プレミア ラッシュ)

スマホ・タブレット・デスクトップのどれでも使うことのできる基本無料の動画編集ソフトです。

動作が軽いので低スペックのデバイスでもサクサク作業できるのが利点です。

モバイル(スマホ・タブレット)版を利用する場合、無制限で書き出し無料で使えます。機能が充実していて無料なのはかなり凄いです。一度触ってみることをおすすめします。

デスクトップ版を利用する場合は3回データを書き出すまで無料で使えます。Rushの場合は月額¥980(税別)なので価格の安さも魅力です。

機能はPremiere Proに比べシンプルですが、Vlogを作ったりするのに必要な編集機能が充分に備わっています。個人的にもSNS投稿用の編集の際などによく使っています。

Adobe Premiere Rush 基本情報

Premiere Rush

¥980 (税別)/月 (モバイル版は無制限書き出し無料)

公式サイト : https://www.adobe.com/products/premiere-rush.html

Premiere Rushの単体プランよりPremiere Proの単体プランかコンプリートプランでの利用をおすすめします。

サクッと動画編集してSNSにアップロードできる楽さも魅力です。スマホ用の縦型の動画も簡単に作成できます。

FINAL CUT PRO X

3. Final Cut Pro X (ファイナル カット プロ)

Appleから出ている動画編集ソフトです。対応しているのはMac系のパソコンのみですが、シンプルなUIで扱いやすい仕上がりになっています。

個人的に好きな海外のYoutubeの動画クリエイターの方が使っていたり、有名なHIKAKINや東海オンエアなども、もともと使っていた動画編集ソフトです。

カラーグレーディングはもちろん、Premiere Proにはないサウンドエフェクトがプリセットされているのが特徴的です。動画作成に音はかなり重要な要素になるので嬉しいところです。

無料で使えるiMovieの上位ソフトという位置付けともいえます。同じAppleから出ているソフトなので互換性もあります。

Final Cut Pro X 基本情報

Final Cut Pro X

¥36,800 (税別) (90日間無料体験あり)

対応OS : Mac

公式サイト : https://www.apple.com/jp/final-cut-pro/

DAVINCHI RESOLVE

4. DaVinchi Resolve (ダヴィンチ リゾルブ)

映像編集には必須の、色味を調整するカラーグレーディングに定評のある映像編集ソフトです。

基本的な利用は無料ながら、動画編集で使うかなりの機能を使うことができます。動画編集ソフトの操作は似ている部分もあるので練習にもなります。

無料のサウンドエフェクトもありますが、別途ダウンロードが必要です。日本語対応もしているのが嬉しいところです。

Z

無料でもウォーターマーク(透かし)なし

DaVinchi Resolveは無料で使える機能が多いのに加え、出力時でも透かしが入らないので完成形まで持っていくことができます。

4. DaVinchi Resolve (ダヴィンチ リゾルブ)

DaVinchi Resolve

基本無料 (有料版 ¥33,980 (税別) )

対応OS : Mac / Win

公式サイト : https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

FILMORA

5. Filmora 9 (フィモーラ 9)

買い切りの動画編集ソフトの中では低価格で、アップデートも無料なのがFilmoraです。あまりお金をかけずに動画編集を始めたい方におすすめ。

動画間のトランジションやフィルターがプリセットで用意されているので、手早くクオリティの高い動画を作成できます。

無料で利用することもできますが、出力の際にウォーターマーク(透かし)が入ってしまいます。動画として作品を完成させたいなら有料版の購入はマストです。

Filmora 9 基本情報

Filmora 9

¥8,480 (税込) 買切り/アップデート無料

対応OS : Mac / Win

公式サイト : https://filmora.wondershare.jp/

カラーグレーディングなど、更に動画編集のレベルを上げたい場合はFilmora Proにアップグレードすることをおすすめします。

HITFILM

6. Hitfilm Express/Pro(ヒットフィルム エクスプレス/プロ)

Hitfilm Expressは無料で使える動画編集ソフトで、中でもVFX(Visual Effects)よりの機能に強いのが特徴でかなり高機能です。(AdobeでいうとAfter Effectsよりのソフト)

魅力的なタイトルコールを作ったり、電流を流したりするCGのようなものも作成できるので動画にアクセントを加えたい人向けのソフトです。

一番の難点としては日本語に対応していないことです。

日本語に対応していないので、圧倒的に勉強の材料になるものが見つかりにくいと思います。英語での操作に問題ない方にはおすすめできます。

Hitfilm 基本情報

Hitfilm Express / Pro

基本利用無料 / $349.0

対応OS : Mac / Win

公式サイト : https://fxhome.com/hitfilm-express

WHAT’S YOUR FAV?

動画編集ソフトまとめ

おすすめの動画編集ソフト6選を紹介しました。

紹介したソフトを簡単にまとめます。

Adobe Premiere Pro : 動画編集ソフトシェアNo.1で高機能

Adobe Premiere Rush : サクサクの動作 デバイスを選ばず動画編集

Final Cut Pro X : Appleの動画編集ソフト シンプルでわかりやすいUI

DaVinchi Resolve : 無料でもかなりの充実した機能が利用可能

Filmora 9 : 低コストの買切りソフトで手軽に編集

Hitfilm Express : 無料で使えるVFXが得意な特徴的なソフト

AdobeのPremiere Pro/Rushのみサブスクリプションサービスになっており、他の動画編集ソフトは買切りです。Premiereの場合のおすすめプランはこちら↓

おすすめのプラン

Premiere RushとProの2つのソフトを使いたい場合は、Premiere Proの単体プランを利用するとどちらも使えるようになります。

▶︎ Premiere Pro 単体プラン (¥2,480/月)

使えるアプリ : Premiere Pro / Premiere Rush / 100GB ストレージ

Premiere Rushの単体プランより断然オススメです。

Z

単体プランで利用できる範囲

Premiere Proの単体プランに含まれるサービスに関して、詳しくはこちらから確認できます。(Adobeの質問回答ページに飛びます)

モーショングラフィックスなども加えて、更に動画のクオリティを高めていきたい方はAdobeのソフトが全部使えるプランがオススメです。

詳しくは別記事にて書いていますので読んでみてください。

Adobeのコンプリートプランはお得?安く利用する方法も紹介。

コンプリートプランを利用するか悩んでいる・検討している方は読んでみてください。

自分のスタイルに合いそうな動画編集ソフトを見つけてみてください。

ある程度長期で使っていくことを想定して選んでみると良いと思います。

More of DESIGN

Adobe関連記事

Adobe関連の記事をピックアップして紹介します。

併せて読んでみてください。

【2021年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する4のメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2021年版】Adobe CCのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料有料8選】おすすめ素材・画像ストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

【特典】Adobeのプランを2ヶ月無料で利用する方法

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

【商用利用可】おすすめフリー素材・画像サイト

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Adobe Photoshopでできる10のこと

Photoshopでできるデザインや機能について解説しています。

【UI/UX】Adobe XDでできる6のこと

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

【3D】Adobe Dimensionでできる9のこと

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。