Instagram

【Instagram】オンライン表示を消す・最終ログインアクティビティを非表示にする方法

INTRODUCTION

インスタグラムではデフォルトで自分の最終ログイン時間が他の人に表示されるような設定になっています。アクティビティの表示はオフにすることをオススメします。
instagram activityStatus 02

Activity Status

インスタグラムではデフォルトで最終ログイン時間が確認できるようになっているので、オフにする事をオススメします。

最終ログイン時間を知るには

DM(ダイレクトメッセージ)のやりとりが現在までにあれば、メッセージ欄をみることで相手の最終ログイン時間を知ることができます。

メッセージ欄に「○時間前にログイン」が表示されていなければ、相手側がログイン時間を非表示設定している事になります。

activityStatus 06

デフォルト(初期設定)の場合。何分前にオンラインかが表示される。

activityStatus 07

アクティビティステータスをオフにするとログイン時間は表示されずメッセージ内容が表示される。

DMにも色々な種類がある

ストーリーにクイックリアクションで送ったスタンプもメッセージとして扱われます。一方的に送られた場合でもやりとりしている事になります。

ハイライトに残しているストーリーに対しても同様です。避けたい場合は、これから説明するアクテビティをオフにするか、コメント機能をオフにしましょう。

相手のログイン時間がわかる条件

(一方的なものであっても) 一度でもメッセージ欄に残るようなやりとりがあること!

How to Turn OFF Activity Status

自分の最終ログイン時間を非表示にする方法を説明していきます。

アクティビティステータスをオフに

①自分のアカウント画面を開いて右上の「 ≡ 」部分タップし、メニュー一覧を表示させます。
activityStatus 01
②「設定」をタップします。
activityStatus 02
③「プライバシー設定」を選択します。
activityStatus 03
④インタラクションの項目で「アクティビティのステータス」を選択します。
activityStatus 04
「アクティビティのステータスを表示」をオフにする事で完了です。
activityStatus 05

オフにすると相手のものも見れない

「自分が最後にinstagramアプリを使用した日時が、フォローしているアカウントとメッセージの送信相手に表示されます。この設定をオフにすると、他のアカウントのアクティビティのステータスは表示されなくなります。」

と書かれている通り、自分がこの設定をオフにすると、ログイン時間が相手から分からない代わりに、自分も相手の状況が確認できないようになります。

確認したい時だけオンに

基本的にオフにしておくことをオススメしますが、自分が相手の状況を確認したい時だけオンにすれば確認することもできます。

ざっと見た印象でいうと意外とオフにしている人が少ないな、という印象です。オフにして困ることはないので一手間をオススメします。

まとめ!

インスタグラムで自分のアクティビティステータスをオフにする仕方を解説しました。

ログインしてるのにメッセージが返ってこない、などはトラブルの原因になりがちです。

インスタはよく見る人も多いと思うので、アクティビティはオフにしておくことをオススメします。

では、以上になります。

More of Instagram

Instagram関連記事

本記事にも関連のある、ストーリー関連の記事が人気です。

併せて読んでみてください。

multiplephotos 01a

【Instagram】ストーリーで複数の画像を追加する方法

1つのストーリー内に複数の画像を配置したい時に使えるテクニックを紹介します。

textcolor 01

【Instagram】ストーリーで文字の色を変える方法

ストーリーに使う文字の色を一部分だけ変えたり、グラデーションをつける方法について書いています。

hypetext 01

【Instagram】ストーリーで文字を動かす方法

ストーリーで動く文字を配置する方法について書いています。

storiescolor 01

【Instagram】ストーリーで背景を塗りつぶす・半透明にする方法

ストーリーでは背景の色を変えたり半透明のカラーレイヤーを追加できたりします。

schedulefeed 01

【Instagram】日時を指定してポストを予約投稿する方法

インスタグラムの投稿の予約機能について説明しています。