International Money Transfer

安い海外送金サービスはどれ?手数料と送金期間を徹底比較。

海外送金を考える上で、送金手数料のみで比較するのでは不十分です。銀行送金や送金サービスの中で、どれを選択するのがオススメなのか比較してみました。

GOTCHA blog

Traveling World

旅行の記録やTips
construction icon 1 white

Working Holiday

ワーキングホリデーの記録

Design

Adobe製品などの使い方
construction icon 4 white

Event

イベントの参加記録

Money Transfer

pinguinop

海外に送金したいんやけど、お得に送金するには手数料安いやつ選んどけばええん?

pinguino p02

送金手数料以外にも実は手数料取られてるで。そこも見とかんとエライ目あうで。

海外送金サービスの利用を考える上で、手数料のみの比較だと、結果的に損をしている可能性が大いにあります

決め手となる要素を組み合わせて比較していくことが大事になってきます。

moneyTransfer 01

比較する中で抑えておきたいポイントはこちら。

◆送金コスト

手数料x為替レート

送金コストにおいては、この2つを組み合わせて比較することが大事です。どちらも外せない要素です。

◆送金時間

そしてもう一点押さえておきたいのは送金にかかる時間です。

送りたいときにすぐ送れて、送金先に着金するまでの時間が短いほど使いやすいです。

手数料×為替レート×時間

上記の3つのポイントをおさえることが大事です。

シンプルに言うと、安くて早い送金はどれ?ということです。

オススメはTransferwise

先に結論から言うと、

海外送金サービスTransferwise(トランスファーワイズ)が一番オススメです。

送金時のコストが低く、送金に必要な時間も短いのでコストパフォーマンスが高いサービスと言えます。

以下のリンクからTransferwiseのページに飛ぶことができます。

creativeref:1011l34324

迷っているならTransferwiseに登録するのが一番オススメです。一度使って以来、海外送金の際には毎回使っています。

pinguinop

どんくらい安くて早いねん。

pinguino p02

これから比較していくで。

海外送金において大事な指標としては、

”送金先にいくら多くの金額が着金するか”です。

送金にかかる時間は早い方がもちろん良いですね。

Services

比較する海外送金可能なサービスです。

transfer services 07b
transfer services 09
transfer services 02
transfer services 08
transfer services 03
transfer services 04
transfer services 01
transfer services 06
transfer services 05

銀行の海外送金6種類と、海外送金サービス3種類について比べてみていきたいと思います。WorldRemitのみ日本語非対応です。

pinguinop

ゆうちょ銀行は2020年1月から送金手数料と為替手数料どっちも値上げしたで。

Comparison

送金比較のために日本円50万円をドルに送金する場合を例にあげて説明していきます。

他の外貨でも大きな差はないです。

見るべき表は、3つめの最終的な着金額になります。

pinguino p02

銀行送金は固定の手数料を設定してるけど、送金サービスの場合送金額に応じて手数料も変わるねん。やから、ある値段を決めて比較するで。

手数料

送金一回あたりに発生する手数料の比較表で、手数料の安い順に並べています

Paypalでの送金が固定で¥499と安くみえます。

  手数料備考
1transfer services 05¥499
2transfer services 06¥500
3transfer services 02¥1,750
4transfer services 03¥2,000
5transfer services 08¥3,000
5transfer services 07b¥3,000
7transfer services 01¥4,142
8transfer services 09¥6,000
8transfer services 04¥6,000

*送金者が手数料負担をする場合

銀行送金の中では、楽天銀行の手数料が安く設定されています。

Transferwiseやworldremitの場合は送金額によって手数料も変動します。

これだけ見ると楽天銀行やPaypalを利用したくなるところですが、ひとまず落ち着いて次に説明する為替レートもあわせて見てみましょう。

pinguinop

よっしゃ、Paypal使ってくるわ。

pinguino p02

まだこれだけで比較できへんて言ってるやん。

為替レート

意外と見落としがちになるのがこの部分です。

送金先の通貨単位($,€,£,…)あたり日本円でいくらになるかです。

安い方がレートが良いといえます。

  為替レート
(1USD→JPY)
備考
1transfer services 01109.735
2transfer services 04109.890
3transfer services 09110.270
4transfer services 02110.739
5transfer services 03110.846
5transfer services 07b110.92
7transfer services 08111.482
8transfer services 06111.721
8transfer services 05114.943

レートが利用するサービスによって異なることがわかると思います。

換金のレートを独自に好きに決めているわけです。

「隠れコスト」と呼ばれ、通貨を交換するためにとる手数料が為替レートに上乗せされています。為替手数料とも言われます。

海外送金ではこのレートがバカにならないので、見比べてみることが大事です。

pinguinop

なんなん。為替レートの中にも手数料あるやん。

これを見ると先ほどの手数料で安かった、Paypalやworldremitのレートが高く設定されていることに気づくと思います。

見せかけの手数料が安い分、レートで手数料を取っているということです。

Paypalに関しては、Transferwiseと比較して5円程度も差があることがわかると思います。

pinguinop

5円くらいやったら全然変わらんようなもんやろ。

pinguino p02

単位あたりかかってくるから、500USD(≒¥55,000)送ったら5×500=¥2,500変わってくるゆうことやで。

pinguinop

なんやて、、!

最終的な着金額

(手数料+為替レート)を組み合わせると送金先に着金する金額が分かります。

上で説明した2つの手数料を考慮して、最終的に残る(送れる)金額です。

今回の例では、着金金額 = (50万円-手数料) / 為替レート で計算できます。

  着金金額(USD)備考
1transfer services 014,518.68
2transfer services 024,499.33
3transfer services 044,495.40
4transfer services 034,492.11
5transfer services 064,485.0
6transfer services 07b4,480.71
7transfer services 094.479.22
8transfer services 084,458.12
9transfer services 054,345.67

結果、Transferwiseが最も安く送金できることになります。

手数料だけでいうとそんなに順位は高くなかったTransferwiseですが、

トータルで考えるとレートの良さが大きく影響しています

手数料の安いPaypalですが、レートの悪さが影響しトータルでみるとかなり効率が悪いことがわかります。

pinguinop

TransferwiseとPaypalで150USD(≒¥16,500)も差が出てるやんけ。違いすぎやろ。

pinguino p02

せやからトータルで見て選ぶんが大事なんやで。50万円より小額でもTransferwiseがやっぱ安いで。

Transferwiseは送金金額に比例して手数料が高くなります。

送金上限金額近く、だいたい80万円程度からソニー銀行送金での送金コストと変わらなくなってきます。

ソニー銀行の場合、手数料は高いですがレートが良いので高額の送金の場合にはありだと思います。

送金日数

送金手続き開始から、送金先の口座までの着金に必要な時間も重要な項目です。

この項目に関しては、圧倒的に海外送金サービスが銀行送金を上回っています

  送金時間 
1transfer services 0124時間以内
1transfer services 0624時間以内
-transfer services 04送金日+2営業日以降
-transfer services 02送金日+1~5営業日
-transfer services 08送金日+2~4営業日
-transfer services 09概ね一週間
-transfer services 03新生銀行の送金日+1~3営業日
-transfer services 05記載なし
-transfer services 07b記載なし

銀行は送金システム上、中継銀行を介して行われるので着金まで時間がかかります。

更に、送金処理されるのは「営業日」なので土日や祝日を挟むと更に長くなります

その点、海外送金サービスでの送金は本当に早いです。

数年のうちに海外送金においての銀行送金のシェアを抜くとも言われています。

pinguino p02

この前Transferwiseで送ったら20分くらいでドイツの口座に着金したで。

pinguinop

速すぎやろ。送金コストも安いしTransferwise一択やんけ。

pinguino p02

現状、そういうことやな。どれを選ぶべきかわかったやろ。

(余談)海外送金には登録が必要

銀行送金の場合すでに送金元の口座をもっていても、

海外送金をするために別途登録が必要だったりします

同じ登録の手続きをするのであれば、

利用の幅に柔軟性の高いTransferwiseをオススメします。

色々な銀行から利用できるサービスです。

まとめ!

手数料x為替レートx時間を組み合わせて考えると、

Transferwiseのサービスがかなり優れていることがわかると思います。

小額からの送金でも気軽に送れる点も送金では大きいメリットです。

個人での利用のしやすさのハードルがグッと下がりますね。

他の類似記事も併せて読んでみてください。

その他関連記事

Transferwiseに関連する記事を書いているので詳しく知りたい方は併せて読んでみてください。

TransferwiseTips 01 scaled
N26transferfromJPY 01 1 scaled

Pick UP Articles

ブログ内のおすすめの記事を紹介します。ぜひ併せてご覧ください!

Bilbao空港から市街地への移動方法を解説!

ビルバオ空港から市街地までバスでの移動方法について解説しています。

Bilbao観光でオススメのスポットを紹介!

ビルバオでオススメの観光スポットを紹介しています。

Bilbaoを巡るならBarikカードを作ろう!

ビルバオの公共機関の利用がラクに安くなるbarikカードを紹介します。

Gaztelugatxeへのアクセス方法を解説!

ビルバオからガステルガチェへの行き方/帰り方を解説しています!

Contact Us

GOTCHA

雑記ブログ

音楽の情報やアプリの使い方,参加したイベントの感想など,とりとめなく色々と書いています. ・イベント参加記録 ・アプリ情報 ・音楽情報

ARTICLES

  • DOMESTIC/INTERNATIONAL