Select Page

PHOTO STOCK SELECTION

【デザイナーが選ぶ】

おすすめフリー素材・画像イラストストックサイト8選【商用利用可】

INTRODUCTION

ブログやデザインのアイキャッチとして使える印象的でオシャレな画像を探したい方は多いと思います。見る人の注目を引いたり、オリジナリティを出したいときに画像は効果的です。

自由に使えるフリー素材を扱っているサイトは結構ありますが、その中で厳選してオススメのものを紹介します。

目次 Table of Contents

本記事のアイキャッチ画像はAdobe Stockでライセンス購入したものになります。

STOCK SERVICE

紹介するフォトストックサービス一覧

紹介するストックサービスの一覧と、各素材サイトが扱うジャンルを簡単にまとめました。

アイコンをタップで本ページ内の各サービス説明詳細に移ります。

横断検索サイト

o-dan

写真

everypixel

写真/ベクター

無料のストックフォト

pixabay

写真/動画/ベクター/イラスト/音楽

stockvault

写真/イラスト

Unsplash

写真

プレミアムストックフォト

Adobe Stock

写真/動画/ベクター/イラスト

shutterstock

写真/動画/ベクター/イラスト/音楽

PIXTA

写真/動画/イラスト/日本

画像以外にもベクターデータや動画など多くのストックを利用できるのが有料サービスの利点です。

デザイナーにオススメ TOP3

企業・ブロガーにオススメ TOP3

利用規約はしっかり確認して利用しましょう。商用利用は可能ですが、画像を二次転載して販売するなどの行為は禁止されています。

プレミアムストックフォトがおすすめな理由

同じ時間を使うのであっても有料サービスを利用して検索した方が完成形のクオリティは高くなります。

無料から選ぶ場合「良いのを見つけるのに時間がかかる」一方で、有料ストックサイトから選ぶ場合「良い候補が何点か見つかった上でどれにするか悩める」ことが多いからです。

併用するのがGOOD

目的や用途によって有料と無料ストックサイトを使い分けるのが良い使い方だと思います。

初めて利用する場合、まずはお試し期間があるものが多いので無料体験で様子見してみるのが良いと思います。

CROSS SEARCHING

サイト横断画像検索サイト

複数の無料画像ストックサイトを一気に横断的に検索してくれるサイトです。

有名なpixabayUnsplashなど無料ストックサイトの画像検索結果を一箇所のサイト内で見れるので便利です。

検索キーワードが決まっている

横断検索サイトはキーワードを入力して検索結果を表示するので、何かしら特定の写真を検索したい時に利用すると便利です

O-DANは38の商用利用可能な無料画像サイトの検索結果を表示してくれる横断検索サイトです。

日本語/英語での検索が可能で、超シンプルなUIなので使いやすいです。

O-DANの特徴まとめ

・日本語で利用可能

・38のサイト検索結果を見れる

・サイトごとに検索結果を分けて表示

・会員登録なしで利用可能

O-DANで検索できるサイトの中では、個人的にはUnsplashpexelsの写真がオシャレなものが多いと思います。有名どころですね。

O-DAN検索結果

検索結果は画像のみに限定されるので、イラストは検索に表示されません。

O-DANホームページに移動します。

Everypixelは50を超える有料・無料の画像サイトを一気に横断検索するサイトです。

英語のみの対応です。有料を含む検索や無料だけの検索もでき、検索のカスタマイズ性があります。

everypixelの特徴まとめ

・英語で利用

・検索条件を設定できる

・写真やベクター画像を検索できる

・登録なしで利用可能

検索結果はキーワードに対して様々なサイトの検索結果が入り混じった状態で表示されます。

Everypixel検索結果

画像をクリックすると提供元の画像サイトがどこなのか確認&ダウンロードができます。

Everypixelホームページに移動します。

特にキーワードを決めずに画像を眺めながら使う画像を決めたい場合は、各サイトで見る方が向いています。

FREE STOCK

無料のフォトストックサービス

無料で利用できる画像ストックサイトを紹介していきます。

横断検索サイトで検索できるものも含まれますが、直接サイトにアクセスすることで得られるコンテンツもあったりします。

pixabayは170万点以上の画像や動画を無料で利用できるストックサイトです。

日本語で検索して使え、画像以外にも動画や音楽など無料素材が幅広くストックされているのが特徴です。

Pixabayの特徴まとめ

・日本語で利用可能

・扱う素材点数・ジャンルが多い

・画像は会員登録なしでダウンロード可能

画像や動画のクオリティは高いですが、イラストに関してはちょっと難ありという印象です。イラストのクセが強いです。

ねこのイラスト検索結果の一部

pixabayホームページに移動します。

stockvaultは15万点以上の画像やイラストを無料で利用できるストックサイトです。

横断検索サイトO-DAN、Everypixelの検索に含まれないストックサイトになります。

pixabayに比べると点数は少ないですが、高品質ものが厳選されている感じです。

stockvaultの特徴まとめ

・英語で利用

・写真・イラストが高品質

・会員登録なしでダウンロード可能

ブログのアイキャッチ画像にそのまま使えるようなハイクオリティのイラストもあったりします。これが無料は結構すごいです。

Stockvaultの無料イラスト

無料のテクスチャも充実しているので、デザイナーにもかなり嬉しいサイトだと思います。英語が苦手な方はカテゴリから検索するのがオススメ。

stockvaultホームページに移動します。

Unsplashはオシャレで雰囲気のある写真に特化したサイトです。

これ無料で良いの?っていうくらいオシャレな写真が多いです。眺めているだけでも楽しいサイトです。

Unsplashの特徴まとめ

・英語で利用

・写真が雰囲気のあるオシャレな感じ

・会員登録なしでダウンロード可能

縦方向の写真が結構多いイメージなので、ブログなどに利用したい方は調整が必要な場合もあると思います。

Unsplashの画像

Unsplashホームページに移動します。

おすすめの無料のストックサイトを紹介しました。

有料のストックサービスを利用することで自分のサイトや作品にオリジナル性を高めることができます。

PREMIUM STOCK

有料の画像ストックサービス 3選

有料のコンテンツだからこそ利用できる素材は多く、絶妙に痒いところに手が届くような「これ探してました!」という画像と出会えることが多いです

IllustratorやPhotoshopでもお馴染みの、デザインソフトを提供するAdobeのストックサイトです。

デザイナーでAdobeのソフトを使っているのであればとりあえずこれ一択だと思います。

Adobe Stockの特徴まとめ

・日本語で利用可能

・Adobeソフト(Illustrator,Photoshopなど)との親和性が高い

・テンプレートなども入手可能

・120点(1年分)まで繰越しできる

・1ヶ月無料お試し期間あり

デザインの協議段階では購入している必要がなく、決定して使用する段階で購入すれば良いので作品点数を厳選できる仕組みになっています。

グラフィックデザイナーの場合はPhotoshopと、Webデザイナーの場合はAdobe XDと相性が特に抜群です。画像差し替えの時間を大幅に短縮できます。

Adobeを2ヶ月無料で利用する方法 のアイキャッチ画像

画像を購入せず、余ったアセット点数は最大120点まで繰り越せるのも大きいです。1ヶ月10点なので1年分に相当します。

まずは1ヶ月無料で体験して10点のアセットを利用してみると良いと思います。無料体験中に解約すれば料金はかかりません。

Adobe Stockホームページに移動します。

shutterstockは3億点以上の画像がストックされ、毎日20万枚以上が追加される巨大ストックサイトです。

ストックされている画像が豊富なので、画像をよく使用するブロガー、企業などはshutterstockが向いています

shutterstockの特徴まとめ

・日本語で利用可能

・素材数が圧倒的に多い(3億点以上)

・料金プランのバリエーションが多い

・毎週無料素材(写真・ベクター)を入手できる

・1ヶ月無料お試し期間あり

shutterstockは画像の利用頻度によってプランを設定できるのが特徴です。利用枚数が多いほど1枚あたりの画像単価を下げられてお得です。

shutterstockのプランと単価

・画像10点/月 ¥3,500 – 1枚あたり¥350

・画像50点/月 ¥12,000 – 1枚あたり¥240

・画像350点/月 ¥22,000 – 1枚あたり¥63

画像750点/月 ¥25,000 – 1枚あたり¥33

料金は年間プランの月額料金 月々プランの場合各プラン+¥3,000

素材点数が繰り越せない

shutterstockには繰越し制度がないので、自分の利用予定枚数はある程度把握して登録しましょう。

余らせてしまうともったいないです。

個人ブロガーであれば画像50点/月のプランから始めるのが良いかなと思います。足りなければプランをアップグレードするか、他のストックと併用するのがオススメです。

企業であれば複数ユーザーで利用できる750点/月のプランがオススメです。点数は固定で、利用する人数によって値段が変動します。

まずは1ヶ月無料で体験して10点/月を利用してみると良いと思います。無料体験中に解約すれば料金はかかりません。

shutterstockホームページに移動します。

PIXTAは日本の企業が運営するストックサイトで、5000万点以上の画像や動画を利用できます

日本語で検索して使え、画像以外にも動画や音楽など無料素材が幅広くストックされているのが特徴です。

PIXTAの特徴まとめ

・日本人の画像素材が豊富

・イラストも日本人に馴染みのあるテイストが多い

・料金プランが豊富

・素材点数を繰り越せる

日本の企業が運営しているサイトなので、日本人の画像が豊富にあるというのが利点です。イラストも日本人の好む感じのものが多いです。

企業での利用の場合人物画像は会社のイメージに沿ったものを用意する必要があるので、日本人の素材が必要になるケースは多いです。

PIXTAのプランと単価

・画像10点/月 ¥6,380 – 1枚あたり¥638

・画像100点/月 ¥16,500 – 1枚あたり¥165

・画像350点/月 ¥24,970 – 1枚あたり¥71

画像750点/月 ¥29,480 – 1枚あたり¥39

料金は年間プランの月額料金

利用枚数が少ないと画像単価が高いので、ある程度まとまった数利用するプランがおすすめです。

余った素材点数はどの枚数プランでも11ヶ月分は繰り越せるので安心です。

pixtaホームページに移動します。

プレミアムストックサイトを紹介しました。

ストック数や料金などを比較して検証した記事もあるのであわせて読んでみてください。

【2020年版】定番ストックフォト6選を比較検証

プレミアムフォトストックサービスではストック数も多い定番の6社を比較検証しています。

まとめ!

オススメの画像ストックサイトを紹介しました。

クオリティの高い画像が揃っているのでお気に入りの写真を見つけてみてください。

では、以上になります。

More of DESIGN

デザイン関連記事

デザイン関連の記事をピックアップして紹介します。

併せて読んでみてください。

【2020年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

【動画編集】Premiere ProとAfter Effectsの違い。初心者が知っておきたい6つの特徴について解説。

動画編集で使うPremiere ProとAfter Effectsの違いについて説明しています。

【動画編集】Premiere「Rush」と「Pro」8つの違いと使い方を解説。

Adobeの動画編集アプリPremiere RushとProの違いについて説明しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する5つのメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2020年版】Adobeのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料・有料8選】おすすめフリー素材・画像イラストストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

【特典】Adobeのプランを2ヶ月無料で利用する方法

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

【商用利用可】おすすめフリー素材・画像サイト

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Adobe Photoshopでできる10のこと

Photoshopでできるデザインや機能について解説しています。

【UI/UX】Adobe XDでできる6のこと

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

【3D】Adobe Dimensionでできる9のこと

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。

Pin It on Pinterest

Share This