SPOTAHOME

【SPOTAHOME】スペインでのピソ探しに。事前に家を決めておきたい人にオススメ。

INTRODUCTION

ワーホリでのスペインでの滞在にあたってピソ探しをしました。

今回利用したのはSPOTAHOMEというピソやアパートを扱う仲介サイトです。

日本にいる間に滞在先が決められるので安心感が得られました。

spotahomepisos cov

スペインでのピソ探し

スペインでの長期間の滞在にあたって家探しは重要です。

家の探し方にも日本で仲介してくれるところを探したり、現地に直接行ってからホステルなどに滞在しつつ直接内見して探したり、色々と方法はあると思います。

今回,滞在する家を決めるにあたって利用したのはSPOTAHOMEという仲介サイトでした。

日本とは異なり物件の入居リクエストを送っても返答がこない。ということはザラですが、SPOTAHOMEの利用ではそのようなこともなく一発で入居先を決めることができました。

日本にいる間に家を決めてしまえるので,現地に付いた際にもスムーズに入居することができました。

SPOTAHOMEとは

スペインでのピソやアパートメントを探せる仲介サイトです。

スペイン国内ではマドリッドバルセロナバレンシアと大きめの都市での物件探しに使えます。

また、スペイン以外にもヨーロッパ内ではイタリアのローマラノやドイツのベルリン、イギリスのロンドンなどの滞在先を探す際にも利用できます。

Screen Shot 2018 12 27 at 12.47.21

SPOTAHOME公式サイトはこちらから

https://www.spotahome.com/

サイトの対応言語は複数ありますが日本からであれば基本的に英語で利用する方が多いと思います。

日本語は非対応となっています。

居住したい都市と、滞在したい期間を入力することで物件を検索することができるのでシンプルで使いやすいです。

SPOTAHOMEの利用方法

都市と入居開始日(Date In)と退去日(Date Out)を入力すると検索条件に合った物件が表示されます。

物件は地図ベースでどこにあるかを見ることができるのでわかりやすいです。

Price per monthの両端の◯のスライダーを調節することで家賃の絞り込みができます。

Screen Shot 2018 12 27 at 15.06.36
各物件のページを見ると,どのような設備があるかや,部屋の間取り図などを見ることができます。

ピソを探している場合などはwi-fiが整備されているかどうかは確認しておいた方が良いと思います。

部屋が上の方にある場合エレベーターの有無も確認しておくとベターです。

基本的にヨーロッパでは書かれている階数+1分の階段を登ることになります。

これは日本で1階に相当する部分はグランドフロアと呼ばれ、ヨーロッパ圏内では0階からカウントされるためです。

また、同ピソ内の他の部屋の情報もあり他の人がどの程度滞在するのかもわかります。

部屋によって家賃が異なることもあるので、空き状況によっては他の部屋もチェックしてみることをオススメします。

Screen Shot 2018 12 27 at 13.19.23

お気に入りの物件が見つかったら右側に表示されているRequest to bookを押して申し込みを開始しましょう!

この時点ではまだ料金の支払いは発生しないので安心してください。

支払いが行われるのは物件の管理者が承認してからになります。

情報入力の仕方

Request to bookを押したら,そこからは予約のための情報を入力していきます。

1. Landlord Policies

入居期間をしっかりと確認し、入居のための規約に対して同意する(OK,I agree)のボタンを押します。

2.Application

A.Personal Details

氏名やメールアドレス、電話番号などの情報を全て入力してボックスにチェックを入れます。

電話番号は日本で使用しているもので問題ありません。

日本の国別コードは+81です。

入力にあたっては,携帯電話番号080-1234-5678の場合、最初の0を取って,+81-80-1234-5678と入力します。

B.Additional details

いくつかの質問に答えます。

Screen Shot 2018 12 27 at 14.28.01

・Are you moving in with your partner?

パートナーとの入居かどうかにYes/Noを選択します。

物件によってはパートナーとの入居可のものもあります。

Please tell us about you and where you will study or work

自己アピールです。滞在先でどのような事をするのか記入します。

留学やワーキングホリデーでの滞在の場合はその旨を記入すると良いかと思います。

・Do you study or work?

勉強するか働くかにStudy/Professionalで選択します。

留学の場合はStudy、それ以外はProfessionalの選択となるかと思います。

Please let us know which university do you attend? or for which company do you work?

留学先や就職先が決まっている場合はここに記入します。

決まっていない場合は空欄でも問題ないと思います。

以上の質問に答えたらボックスにチェックを入れて、3.Paymentの支払い情報の入力に移ります。

初期費用などの支払いについて

料金

SPOTAHOMEでは滞在期間に応じた仲介手数料がかかります。

One-time reservation Feeと書かれているもので、滞在期間が長いほど仲介料金も高く設定されます。

この仲介料金に加えて滞在先の1ヶ月分の家賃を先に支払うことになります。

なので、SPOTAHOME利用時に支払う額は家賃(1ヶ月分)+仲介手数料(滞在期間に応じて変動)となります。

最低のステイ期間として1ヶ月ということです。

支払い方法

料金の支払いはクレジットカード(Visa,Master)Paypalでの支払いが可能となっています。

VisaかMasterのクレジットカードを持っている方はクレジットカードでの支払い、それ以外のカードで支払いたい方はPaypalを通じての支払いが良いと思います。

申し込み後について

一通り必要事項の入力が終わったら後は物件管理者の承認を待ちます。

物件管理者にもよると思いますが、承認されるまで24時間程度かかります。

今回の場合リクエストを送信してから承認まで丸一日と少しかかりました。

あまりにも遅い場合はSPOTAHOMEの方に問い合わせてみると良いと思います。

承認された場合メールがきます。

それ以降は、SPOTAHOMEとのやり取りからは離れ物件管理者とのやり取りをすることになります。

MATOME

SPOTAHOMEの入居リクエストについて一連の流れを解説してみました。

スペインの都市などでピソ探しをしている人は一度参考にみてみてはいかがでしょうか。

では、以上になります。