Back to Home

Adobe Creative Cloud

Stock Photo/Footage/Music

ADOBE DIMENSION

【超簡単】Adobe Dimensionの使い方。5分でわかる基本操作と制作手順。

INTRODUCTION

Adobe Dimension(ディメンション)の使い方について解説していきます。

本記事では基本操作について説明しており、めちゃくちゃ簡単なので5分程度あれば操作できる様になると思います。

Dimensionについて

DimensionはAdobeの3Dデザインアプリです。

Adobeアプリも色々な種類がありますが、3D空間をメインで使ってデザインを作成するのはDimensionに限定されます。

Adobe Dimensionの詳細とインストールは以下から

https://www.adobe.com/jp/products/dimension.html

ライトに3Dデザインを触ってみたい方や3D初心者の方におすすめです。

しっかり作り込めばかなりのクオリティの作品を作ることもできます。

Dimensionの基本操作

5つの基本操作

Dimensionを使うにあたって一通りの使い方について説明していきます。

3Dソフトの中でもDimensionは操作がシンプルです。

基本操作は以下の5点になります。

いままで3Dソフトを使ったことがない人でも、手順は5分あれば簡単にマスターできてしまいます。

1. 3Dモデルを選ぶ

モデルを1から制作しなくても、様々な形状の3DモデルがDimensionにはプリセットされており無料で利用できます。

まずは3Dモデルを選択して作業画面内に配置します。

Dimensionは自分でモデルを作成するというよりは、すでにある3Dモデルを利用しながらデザインを制作するのに適したソフトになっています。

下の画像は最初から使えるプリセット3Dモデルの一部です。

Blenderなどで作成した3Dデータを読み込むことも可能です。

2020年4月のアップデートでモデリングの自由度が上がり、できるデザインの幅がかなり増えました。

テキスト入力もできる

自分で好きなテキストを打って3Dデザインにすることができる様になりました。

ポスター用のキービジュアルをDimensionで作ってIllustratorで仕上げるなんていう使い方も面白いです。

2. マテリアルを追加する

マテリアル(素材)も多くプリセットが用意されており、配置した3Dモデルにマテリアルを追加するのもドラッグ&ドロップするだけで一瞬でできます。

モデルによっては部位ごとに設定できる素材を変えられるので自分好みのスタイルにカスタマイズできます。

3. シェーディングの設定

3Dモデリングにおいてもう一つ大事な部分でもある、照明の位置を決めて陰影をつけるシェーディングです。

光源のタブから作業画面にドラッグ&ドロップで適用できます。

これもスライダーの調整だけで設定ができます。

良い感じの光の当たり方になるように調整してみましょう。

4. カメラ操作で視点を決める

視点位置を変えてモデルを色々な角度から見てみます。

ビューはいくつも保存できるので書き出したい画角が見つかったらチェックしておきましょう。

3D空間のカメラ操作も簡単で、Dimensionのショートカットはかなりわかりやすいように設定されています。

ナンバーキーを押すだけでカメラ操作の切り替えができます。

ショートカットキー

1 : ビューを回転

2 : ビューを平行移動(パン)

3 : ビューを拡大・縮小

5. レンダリング

最終的にデータとして書き出すために行うのがレンダリングです。

書き出すクオリティの設定やマシンパワーによって所要時間がかなり変化する部分でもあります。

上の例だとレンダリング表示にすることで下に敷いたマテリアルへの映り込みや反射感が表現されることがわかると思います。

作業しながらでもレンダリングのプレビューを確認しながら作業することもできます。

これがDimensionの基本的な使い方の一連の流れになります。

プリセット以外の3Dモデルとマテリアルが欲しい場合

Adobe Stockを利用する

プリセット以外の3Dモデルやマテリアルが欲しい場合はAdobe Stockを利用することで更に無料のモデルを入手したりロイヤリティフリーのモデルのライセンス購入ができます。

Adobe Stock 公式サイト

https://stock.adobe.com/jp

Adobe Stockには3Dモデルだけではなくライトやマテリアルも用意されており、通常アセットのプランでライセンス購入できます。

Adobe StockのDimension向けのアセット

Adobe Stockのライセンスは色々な素材の入手に使えるので、3D素材でライセンスがあまりそうだったらイラストやオーディオなどの素材を入手することもできます。

現在Adobe 2021年初売りSALEが開催中です。1/15(金)まで。

まだ継続中でセール価格にて購入できるのでお早めに。

MATOME

まとめ

Dimensionでは3Dモデルを選んで素材を追加してレンダリングすれば最短3ステップで作品が出来上がります。

3Dソフトの中でも使い方がかなり簡単ですね。

Dimensionを利用してどの様な作品が作れるのかは以下の別記事にて紹介しています。

【3D】Adobe Dimensionでできること4選。

Dimensionで作れる作品などについて解説しています。

TAMASDESIGN

ブログページトップに戻る

More of DESIGN

デザイン関連記事

デザイン関連の記事をピックアップして紹介します。

併せて読んでみてください。

【2021年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する4のメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2021年版】Adobe CCのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料有料8選】おすすめ素材・画像ストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

【特典】Adobeのプランを2ヶ月無料で利用する方法

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

【商用利用可】おすすめフリー素材・画像サイト

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Adobe Photoshopでできる10のこと

Photoshopでできるデザインや機能について解説しています。

【UI/UX】Adobe XDでできる6のこと

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

【3D】Adobe Dimensionでできる9のこと

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。