ADOBE Photoshop

【2020年版】Photoshopでできること。10のデザイン事例とおすすめ機能を紹介。

INTRODUCTION

Adobeのソフトの中でも特に人気のPhotoshop(フォトショップ)について、これから始めたい方や初心者の方に向けてどのようなことができるのか説明していきたいと思います。

Photoshop

Photoshopとは

AdobeのPhotoshop(フォトショップ)はグラフィックデザインや画像編集をする上では欠かせないソフトで、通称フォトショと呼ばれています。

Photoshopの最初二文字を取ってPsと略称で表記されることも結構あります。

画像加工に関する大体のことはPhotoshopがあればできてしまいます。

Photoshopの作品事例

写真のグレーディング(明度や彩度などトーン調整)はもちろんですが、絵を書いたりコラージュを作成したりもでき、こなせることがかなり幅広いです。

Mac/Windows問わず使用することができるデスクトップアプリです。

iPad版Photoshopも登場

Photoshopがタブレット(iPad)でも使えるようになりました。デスクトップ版の全ての機能とまではいきませんが、個人的にはかなり使えるアプリだと思います。

iPad版Photoshopは、デスクトップ版のPhotoshop単体プランフォトプランもしくはコンプリートプランに登録していれば利用可能です。

iPad版Photoshopで「できること」「できないこと」を紹介しています。

Photoshopの価格とプラン

Photoshopはサブスクリプションサービスで、月間もしくは年間契約で利用できます。単体プランもしくはコンプリートプランを利用する事で使えます。

Z

Photoshopは7日間無料体験あり

単体プランでもコンプリートプランでも7日間無料で全ての機能を試して使えます。体験期間中であれば解約しても料金は発生しません。

Photoshop単体プラン

Illustratorのソフトのみ利用できる単体プランです。

▶︎Photoshop 単体プラン (¥2,480/月)

使えるアプリ : Photoshop

Adobe Fontsの利用もプランに含まれており、Photoshopを利用する方の中でもアート系の制作などのデザインをする方向けのプランです

Photoshopを使えるもう一つのプランはIllustratorやPremiere Proなど全てのAdobeソフトを使えるコンプリートプランです。

コンプリートプラン

全てのAdobeソフトが使えるコンプリートプランです。

▶︎ コンプリートプラン (¥5,680/月)

20以上のAdobeソフト全てを利用できるプラン

Adobeは複数のソフト間でデータを連携できるのがかなり強力で、機能を最大限に活かせるのがコンプリートプランです。

また、Photoshopの場合は画像編集アプリの利用に特化したフォトプランがあります。単体プランの利用よりもお得にPhotoshopを使うことができます。

オススメのプラン

Photoshopを使う場合、写真編集アプリLightroomも使える単体プランよりもオススメのセットプランがあります。

▶︎ フォトプラン (¥980/月)

使えるアプリ : Photoshop / Lightroom / Lightroom Classic

>>プランと料金を確認する(Adobe公式サイト)

LightroomとPhotoshop2つを単体プランで利用するより¥2,480/月もお得。特に写真などの画像編集をする方向けのプランになっています。

Z

単体プランとの違い

単体プラン日本語フォント含むフォントサービス利用できるなど、付帯サービスが異なります。詳しい違いに関してはAdobeのこちらのページでまとめられています。

始める際にまず知っておきたい基本機能と、どのようなものがPhotoshopで作れるのかを説明していきます。

BASIC SKILLS

Photoshopの基本機能

Photoshopを使うにあたって、どんな魅力的な機能があるのかを紹介していきます。簡単な操作で結構すごいことができたりします。

■オブジェクト選択ツール

■コンテンツに応じた塗りつぶし

■レイヤーマスク

■調整レイヤー

■コピースタンプツール

1. Adobeの優秀なAI オブジェクト選択ツール

 オブジェクト選択ツールで一瞬で犬を選択

最近のPhotoshopは修正したい範囲の選択がAdobeのAIの発達によってかなり簡単に、誰でも使いやすいようになってきました。

写真に写っている修正の対象をオブジェクト選択ツールで囲むと、自動的にAIが対象を識別してだいたいの概形を選択してくれるツールです。

2. Adobeの優秀なAI その2 コンテンツに応じた塗りつぶし

コンテンツに応じた塗りつぶしで人を消す

「コンテンツに応じた塗りつぶし」は簡単にノイズ要素(人や電柱など)を違和感なく消して、周囲に馴染ませるこのできる機能です。

選択した範囲に対して、参照する範囲を指定するだけでPhotoshopのAIが自動で置換してくれる便利な機能です。

3. 見せたい部分だけを表示 レイヤーマスク

レイヤーマスクで犬だけを切り抜く

画像を切り抜く際に必須の機能がレイヤーマスクです。元の画像に手を加えることなく残したい部分だけを表示することができる機能です。

iPadPhotoshopにも搭載されている機能で、マスクを調整すれば表示範囲を変えられるので編集の柔軟性を高く保てます。

4. カラーグレーディングに必須 調整レイヤー

簡単に犬以外をモノクロにできる調整レイヤーの例

Lightroomのように写真全体のグレーディングももちろん可能ですが、範囲を選択していればその部分だけ調整することもできるのが画像編集としてPhotoshopが強力な理由です。

ポスタライズや2階調化などでアーティスティックなテイストの画像にすることもできたりします。写真の印象を決める大事な部分でもあります。

5. 消したり増やしたり コピースタンプツール

外壁の植物をコピーして増殖

画像の一部を指定して他の場所にコピーを作るスタンプ機能があります。

「コンテンツにおいじた塗りつぶし」同様、余計なモノをスタンプで消したり、逆に要素を増やしたりできます。背景の修正時に使える手軽で便利な機能です。

AdobeのAI Adobe Senseiの発達によって、かなり作業が簡単になってきています。コツをつかめばすぐに覚えて使えるようになるはずです。

RASTER DESIGN

Photoshopでできること 5つ

次に、Photoshopを使って作れるデザイン事例を5つ紹介します。

できるのは画像の修正だけじゃありません。

□ 水彩系のアーティスティックなイラスト

□ 高度な写真編集

□ コラージュ

□ デザインモックアップ

□ Webデザイン

1. 水彩系のアーティスティックなイラスト

Photoshopの作品事例

Photoshopでは扱うデータの特性上、水彩画のような滲みなど複雑な色彩表現ができます。これはIllustratorではできない部分です。

最近では特にiPadで絵を書く機会も多くなりましたが、タブレットの場合Photoshop以外にもAdobeから出ているFrescoという無料で使える水彩系ペイントソフトが強力です。

Photoshopとの連携も可能なので、あわせて使うことでデザインの幅が広がります。

Adobe Frescoホームページに移動します。

2. 高度な写真編集

部分的に色を変更する

範囲を調整して部分的に調整したりモノを消したりと細かい修正ができるので、自分の理想とする写真に限りなく近づけることができます。

対象以外をぼやかしたりするポートレートモード的な編集も後から自分でできたりするので、Lightroomと併せてカメラマンなど写真編集に携わる方にはマストなソフトといえます。

3. コラージュアート

コラージュアートの作品事例

複数の写真を合成したアートなども作れます。合成する写真が馴染むようなグレーディング(色調調整)のスキルと切り抜きのスキルが特に重要です。

現実にはありえないような写真だったり、自分の好きな世界を作り出したりできるのでかなり面白いことができます。

4. デザインモックアップ

看板のモックアップ

コラージュと似ていますが、ラベルなどのデザインを実際の缶などに合成して実際に使っている、・製品化したときのイメージを沸きやすくするためによく用いられます。

Adobe Stockを利用したモックアップ

AdobeのストックサイトAdobe Stockには高品質のモックアップデータがたくさんあります。データを貼り付けるだけなので手間をかけずにモックアップが作れます。

Adobe Stockホームページに移動します。

また、最近3Dデータで簡単にモックアップを制作できるAdobeのDimension(ディメンション)が登場しました。Adobe的には3Dデータをメインで扱う初めてのソフトです。

3Dモデルを扱うAdobeソフト

Dimensionは、Photoshopで制作した2Dデータのデザインを3Dデータに貼り付けるだけで簡単にモックアップを制作できる新しいアプリです。シェーディング(陰影)の調整もできます。

3Dデータは最初からプリセットで入っており、いちいちモデルを作成する手間も必要ないのでパッケージデザインなどをする方にはかなりおすすめです。

Adobe Dimensionホームページに移動します。

5. ウェブ UI/UXデザイン

ズームイントランジション

WebデザインやUI・UXデザイン自体を制作する際に使用したり、部分的に切り抜いた画像を使用したりするのにPhotoshopは頻繁に用いられます。

ロゴやアイコンなどはIllustratorで作成するなど、一つのソフトだけではなく組み合わせて使うことが多いです。

レスポンシブにデザインするならこちらがオススメ!

最近はWeb UI/UXデザインに特化したAdobe XDを併せて使う機会も多くなっており、XDで使っている画像を直接修正できるなど、Photoshopとの連携もされています。

動作の軽さや、レスポンシブにサイズを変更したり、同じコンテンツを繰り返し表示するリピートグリッドなど特化した機能があるのが魅力です。

Photoshopで色々なデザインが作れることがわかると思います。Photoshopだけでなく、他のAdobeソフトと組み合わせたりして使う機会が多かったりします。

PLAN

他のアプリも使いたいなら

Photoshopを使うAdobeユーザーが併せてよく使うアプリはこちら。

ロゴなどの制作はIllustrator。動画編集する方はPremiere Proで編集してフォトショでサムネイル作成などしたりしています。Webデザイン関係の方はAdobe XDなど、業界によって組み合わせるソフトは色々変わります。

コンプリートプラン

PhotoshopとLightroom以外に2つ以上のアプリを使う予定がある方はコンプリートプランを利用するのがおすすめです。Adobeアプリが全部利用できる超お得なプランです。

▶︎ コンプリートプラン (¥5,680/月)

20以上のAdobeソフト全てを利用できるプラン

PhotoshopはAdobeの中でも特に他のソフトとの関係性が多いソフトなのでコンプリートプランがオススメです。個人的にもこのプランを利用しています。

Adobe Stockで素材を入手する

Adobe Stockは画像など、ロイヤリティフリーの素材が1億5000点以上ある巨大なストックサイトです。

商用でも使えるフォトショのepsデータが多数ストックにあり、どのようにデザイン作成されているのか見れるので勉強になります。

商用利用も可能な高品質な素材が手に入るので、個人的にもよく利用しています。Adobeアプリとの相性が良いです。

Adobe Stockホームページに移動します。

More of DESIGN

デザイン関連記事

デザイン関連の記事をピックアップして紹介します。

併せて読んでみてください。

【2020年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

【動画編集】Premiere ProとAfter Effectsの違い。初心者が知っておきたい6つの特徴について解説。

動画編集で使うPremiere ProとAfter Effectsの違いについて説明しています。

【2020年版】Premiere「Rush」と「Pro」の動画編集 8つの違いを比較解説。

Adobeの動画編集アプリPremiere RushとProの違いについて説明しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する5つのメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2020年版】Adobeのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料・有料8選】おすすめフリー素材・画像イラストストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Illustratorでできるデザインや機能について解説しています。

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。

Pick UP Articles

ブログ内のおすすめの記事を紹介します。ぜひ併せてご覧ください!

Bilbao空港から市街地への移動方法を解説!

ビルバオ空港から市街地までバスでの移動方法について解説しています。

Bilbao観光でオススメのスポットを紹介!

ビルバオでオススメの観光スポットを紹介しています。

Bilbaoを巡るならBarikカードを作ろう!

ビルバオの公共機関の利用がラクに安くなるbarikカードを紹介します。

Gaztelugatxeへのアクセス方法を解説!

ビルバオからガステルガチェへの行き方/帰り方を解説しています!