LIGHTROOM PHOTOSHOP

【2020年版】LightroomとPhotoshop 6つの違いとできること  画像編集で知っておきたい使い分け方

INTRODUCTION

Adobeの写真編集アプリPhotoshop(フォトショップ)とLightroom(ライトルーム)の違いや、それぞれが得意なことについて説明していきます。

目次 Table of Contents

Lightroom & Photoshop

LightroomとPhotoshop

LightroomとPhotoshopの違いを説明していきます。ざっくり言うと、

▶︎ Lightroomは写真・画像を扱うアプリ

▶︎ Photoshopは写真・画像扱うアプリ

という感じです。

それぞれのアプリを比較していきます。

Premiere Pro

Premiere Elements

単体プラン月額料金
¥980 ¥2,480

単体プラン月額料金
¥980 ¥2,480

対応デバイス

スマホ/タブレット/デスクトップ

タブレット(iPad)/デスクトップ

操作性
シンプル/軽い 複雑/作業によってはかなり重い

向いている作業
大量の写真を編集する 数枚の写真をじっくり編集する

一言で言うと
撮影した写真をブラッシュアップするアプリ 写真をアーティスティックに変えられるアプリ

画像編集でできることのイメージ図

LightroomとPhotoshopでできることのイメージとしてはこんな感じです。(あくまで個人的なイメージです)

Z

どっちも使えるようになっておきたい

Lightroomは直感的な操作で利用できるので、Photoshopも使えるようになるとできることの幅がかなり広がります。

LightroomとPhotoshopはそれぞれ単体プランで利用するよりもおすすめのセットプランがAdobeから用意されています。

LIGHTROOM

Lightroomの特徴

Lightroomの特徴や得意なことについて紹介していきます。

1. クラウドを利用した多デバイス間での共有

クラウドでデータ共有 出典: Adobe

画像をクラウドに取り込んで編集するので、Lightroomが入っているどのデバイスでも同じ画像の編集をすることができます。機能がシンプルなのでスマホでも修正できて手軽に使えます。

2. 簡単な操作性

スライダーで直感的な操作

Lightroomは操作が簡単です。画像全体、もしくはブラシで修正範囲を指定してスライダーで調整するだけなので複雑な作業ありません。初心者でも使いやすいです。

3. エフェクト設定を保存して複数写真に一瞬で適用

プリセット機能

Lightroomは大量の写真を修正するのに向いています。調整の設定を保存して他の写真にも適用できるので、同じテイストで統一した編集をすることが短時間でできます。

PHOTOSHOP

Photoshopの特徴

Photoshopの特徴やLightroomにはできないことを説明していきます。

1. 色を変える

写っているモノの色の変更

局所的に色を変えたりするのはPhotoshopの方が得意です。色の範囲を指定して全く別の色に置き換えたり、モノクロにして一部だけ色を残したりできます。

2. 文字を入れる

画像への文字入れ

Lightroomは画像への文字入れに対応していないのでPhotoshopで行います。図形の追加やブラシで絵を描いたり画像以外の要素を追加できます。

3. 画像要素の選択や切抜き

元の写真

切抜き後の写真

画像を切り抜いたりする場合はPhotoshopでないとできません。オブジェクト選択機能が追加され、初心者でもかなり簡単に切り抜きできるようになりました。

PLAN

どちらも使うことが多い

フォトプラン以外のAdobeのソフトも一緒に使いたい場合にオススメのプランを紹介します。

( Photoshop+Lightroom ) + もう1つアプリを使う場合

Illustratorもあわせて使いたい場合では、オススメのプランは単体プランと組み合わせるものです。

▶︎ フォトプラン + (使いたいアプリの) 単体プラン (¥3,460/月)

単体プランは高くて¥2,480/月なのでフォトプランと組み合わせると安く抑えられます。

>>プランと料金を確認する(Adobe公式サイト)

例えば、PhotoshopとIllustratorの2つを単体プランで利用するより¥1,500/月もお得です。

4つ以上のアプリを使うならコンプリートプラン

他にもIllustratorや動画編集のPremiere Proなど、4つ以上のアプリを使いたい方はコンプリートプラン一択です。

▶︎ コンプリートプラン (¥5,680/月)

20以上のAdobeソフト全てを利用できるプラン

>>すべてのプランと料金を確認する(Adobe公式サイト)

*表示は月額の税抜き価格

Adobeのアプリは組み合わせて使うことで作業効率が格段に上がります。全部使えるこのプランが一番オススメです。

Adobe Stockでコントリビューターになり報酬を得る

Adobe Stockは画像など、ロイヤリティフリーの素材が1億5000点以上ある巨大なストックサイトです。

写真などの素材を販売して、自分の作品が購入された場合に報酬をもらえるコントリビューター制度があります。

PhotoshopやLightroomで編集した画像を自分の作品として販売するのも良いと思います。売れるとモチベーションが上がります。

Adobe Stockホームページに移動します。

More of DESIGN

デザイン関連記事

デザイン関連の記事をピックアップして紹介します。

併せて読んでみてください。

【2020年版】定番ストックフォト6選を比較検証。おすすめはどれ?

定番のストックフォトを項目別に比較しています。

【初心者も簡単】YouTubeの再生回数を上げるサムネイルの作り方。

サムネイルの作成方法を解説しています。

【動画編集】Premiere ProとAfter Effectsの違い。初心者が知っておきたい6つの特徴について解説。

動画編集で使うPremiere ProとAfter Effectsの違いについて説明しています。

【動画編集】Premiere「Rush」と「Pro」8つの違いと使い方を解説。

Adobeの動画編集アプリPremiere RushとProの違いについて説明しています。

IllustratorとPhotoshopの違いを12の実例で比較。安く使えるセットプランも紹介。

IllustratorとPhotoshopの違いについて説明しています。

【超便利】Adobe Stockとは? 初月無料&利用する5つのメリットを解説。

Adobe Stockを利用するメリットについて書いています。

【2020年版】Adobeのおすすめプランは?7の職業・デザイン別にコンプリートプランユーザーが解説。

Adobeを始める人にどのソフトとプランを使うべきかを書いています。

【無料・有料8選】おすすめフリー素材・画像イラストストックサイト【商用利用可】

無料から有料までオススメの画像サイトをまとめました。

【特典】2ヶ月間無料でAdobe CC・Stockのプランを利用する方法。これから始める方も。

利用しているプランを2ヶ月間無料にする方法について書いています。

既存ユーザーも新規ユーザーも2ヶ月無料でCC/Stockを利用する方法についてです。

商用利用もできるフリー素材を入手できるおすすめサイトを紹介しています。

Photoshopでできるデザインや機能について解説しています。

Adobe XDでできるデザインや機能について解説しています。

Dimensionでできるデザインや機能について解説しています。

Pin It on Pinterest

Share This